育毛剤の種類と特徴について

育毛剤 価格 育毛剤の種類と特徴について

育毛剤の種類と特徴について

育毛剤というと、年をとってきたオジサンが髪にちょんちょんと薬を付けているようなイメージが定着しています。

 

しかし育毛剤にも様々な種類があり、実は直接頭皮に塗布するもの以外にも、飲み薬としての育毛剤も存在します。

 

また市販されている育毛剤以外にも、きちんと病院で処方された育毛剤もあるのです。

 

一般的に市販されている育毛剤の方が多くの人に定着していますが、その理由としては、手軽に購入できる事、副作用がほとんどないことがあります。

 

また自分で好きなメーカーやブランドの育毛剤を選ぶことができるのも、大きな魅力です。

 

一方病院で処方される育毛剤は、市販のものよりは効果が高いものが多いです。

 

しかし一方で副作用が起こるケースも多々あり、必ずしもおすすめとは言えません。

 

副作用の出方は個人差があるので一概ではないですが、安心して使用したいと思うのなら市販の育毛剤をおすすめします。

 

市販の育毛剤は効果が実感できるまで時間がかかるのが特徴ですが、諦めずに長期にわたってしようしていれば効果が出ることも多くあります。

 

自分に合う育毛剤を探して、諦めずに使用することが大事です。

 

短期間だけ使用して効果がないと諦めるのは早すぎです。

男性用と女性用の育毛剤は違う

 

育毛剤の中には、男性用の育毛剤と女性用の育毛剤、そしてその両方を兼用している育毛剤の3つの種類が存在します。

 

基本的に、女声と男声の身体的な性質は異なっていますので、その性質にあわせたよりよい育毛剤を選択することが重要です。

 

そもそも、男性と女性では薄毛の進行の仕方が異なっていて男性の場合はM字状に生え際が後退するなど一部分の薄毛が非常に目立つのですが、女性の場合には全体的な薄毛の症状が目立つ傾向にあります。

 

これは、男性の場合には男性ホルモンによる薄毛の作用が生じているからにほかなりません。

 

また、男性の場合は助成と比べて皮脂の分泌も過剰になっている傾向がありますので、ミノキシジルなどを利用して血管の拡張を促さなくてはいけません。

 

一方で、女性の場合は単純なホルモンバランスの乱れや身体全体の乾燥、または生活習慣の乱れによって髪の毛の状態が悪くなることが非常に多いです。

 

例えば、妊娠するとホルモンバランスが変わるので出産をした後には産後うつになって髪の毛が抜けてしまうような状況は現代社会でも珍しくありません。

 

こうした傾向から、男性の育毛剤と女性の育毛剤に必要になる成分の種類は全く違っているわけです。