義父の育毛剤へのこだわりについて

育毛剤 価格 義父の育毛剤へのこだわりについて

義父の育毛剤へのこだわりについて

男性は特に年齢を重ねると、男性ホルモンの影響により髪の毛が薄くなる人がいます。

 

これはいわば生理現象の一つなので仕方ありませんが、場合によっては育毛剤で進行を遅くしたり、症状の改善をすることができます。

 

同居している義父は60歳を過ぎたばかりですが、50歳ころから薄毛が気になり始めたようです。

 

確かに昔の写真と比べれば、髪のボリュームも少なくなり、薄毛になっています。

 

しかし年齢を重ねれば仕方のないことだし、義父には容姿意外でも尊敬できるところや人が集まってくる魅力があります。

 

そのため嫁の私としては全く髪の毛の事は気にしません。

 

しかし義父からすると、末娘のためにいつまでも若くいたい、と一生懸命努力しています。

 

その一つが育毛剤の使用です。

 

毎日朝と夜にこまめに育毛剤をつけて、頭皮マッサージをしています。

 

最近は幼稚園児の娘も義父のマネをして頭皮マッサージを一緒にしているので、見ているとつい笑ってしまいます。

 

しかし本人はいたって真剣です。

 

どんなに年をとっても、いつまでも子供のために、孫のために若く見られたいのだな、とつくづく思います。

 

そんな義父のために、効果のある育毛剤があればぜひプレゼントしてあげたいです。

発毛のサイクルを考慮した育毛剤の使い方

 

薄毛になる原因としては加齢や生活習慣などの要因によって、頭髪を生む細胞の機能が衰える事によって、発毛のリサイクルが順調に行かなくなる事に繋がって自然的に頭髪の総量が減少します。

 

発毛のサイクルを整える為には、育毛剤を活用して育毛のリズムを整えてあげる事が大切です。

 

育毛のリズムを良くする条件として、健全な頭皮を形成する事が条件です。

 

私が薄毛になった原因として1日の生活が乱れていたり、食事が偏っていた事を友人や皮膚科の医師から指摘されました。

 

深夜での勤務が続いたり、上司からの叱責でストレスと溜める事によって皮膚のケアを怠っていた事が分かりました。

 

仕事で抱えたストレスや生活の乱れによって、発毛のサイクルが乱れる事で薄毛になっている事を自覚して、積極的に生活習慣を変える事に努力しました。

 

仕事に関しては深夜の勤務を2度としない事を心掛けて、ストレス解消の為に職場のスタッフと明るく話したり、薄毛になっていることを悩んだ時に育毛剤に関する話題で盛り上がりました。

 

友人や職場の同僚は元々仕事などで発毛のリズムが乱れて薄毛になっていたが、健全な生活を送る事で半年後には友人の姿を見ると、豊富な髪の毛を形成していました。

 

私も友人から聞いた発毛のサイクルを鑑みた育毛剤を工夫して使う事で、少しは薄毛になっている所が改善しました。